FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

3月のサロン 災害に備える

日時:2018年3月2日(金) 13:30~15:30
場所:豊中市立蛍池会館
講師:豊中市危機管理室 瀬古 博也氏

いつ起きてもおかしくない災害(地震・風水害)について、映像 などを交えながら、普段からの備えなどについて、豊中市職員 の方より話を伺いました。

IMG_0817.jpg

講演の前に岩久会長より自宅で備蓄されていた防災備蓄パンを提供いただきましたので、皆さんと試食しました。
缶詰のなかにパンが入っていました。ほとんどの方がパンの缶詰は初めてのようでした。缶詰を開いてパンを取り出し、切り分けて試食しましたが本当においしくてビックリでした。
PANCAN(メーカー:アキモト) 賞味期限は37か月 防災備蓄パンというようです。


IMG_0816.jpg

今日の野菜販売はご覧の通りです。このところ続く天候異変で豊能農園からの仕入れも少量です。あっという間に完売しました。


822A

IMG_0823.jpg

講演開始です。災害は忘れたころにやってくる。阪神・淡路大震災から23年経過しました。震災直後は防災グッズを枕元に置いて寝ていましたが、近頃は見かけなくなりました。これを機会に防災品の点検をしなければと思いました。


IMG_0828.jpg

近畿の主な活断層
活断層:地下の岩盤が壊れやすく、繰り返し地震が起こる場所、マグネチュード7級以上の地震が起こる可能性がある。活断層がこれほど多いと何処にいても避けられそうもありません。


IMG_0838.jpg

「まさか」の備えから「もしも」の備え
「もしも」の備えから「いつも」の備え
 防災は 楽しく・仲良く・元気よく


豊中市が置かれた地震環境
2050年までには、必ず南海トラフ地震が起こる。
その前か直後に上町断層帯地震が起こるかもしれない。

長時間市内全域が停電する。
水道・電気・ガスが長期間中断する。
阪急・モノレール・北急などが長期停電で止まる。

すぐに陸の孤島になる。
南海トラフ地震は太平洋沿岸に、上町断層帯地震は大阪市、堺市など大都会に支援が集中する?
頼りにする外部からの支援が遅れる。
スポンサーサイト

プロフィール

genkijyuku2

Author:genkijyuku2
”げんき塾”は、
NPO法人
大阪府北部コミュニテイカレッジ
地域福祉を学ぶ科卒業生を
中心にして運営している
地域交流サロンです。
地域福祉の実践の場として
活動しています。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR